データサイエンス

ForecasrFlowで銀行の定期貯金口座開設を予測! マーケティングキャンペーンの最良策を見つける!?(モデル作成準備編)

引き続き、ダイレクトテレマーケティングの予測のために準備をしていきたいと思います!ここでは、さっそくForecasrFlowを使っていきます!

目次

  1. データ準備
  2. モデル作成の準備(本記事)
  3. モデル作成
  4. つくったモデルを見てみよう

モデル作成の準備

モデル作成の準備に3工程ほどありますが、操作としては合わせても数秒で終わります。*1

(1)Projectの作成
右上にある「CREATE」を押します。そうすると、新たなフォームが出てくるので、「Project Name」を入力します。(銀行_demoは以前に作ったProjectです)
f:id:gri-blog:20210630032905p:plain

(2)データのアップロード
右上にある「UPLOAD」ボタンを押して、ファイルを選択します。(bank.csvは以前にアップロードしたデータになります)
f:id:gri-blog:20210630033332p:plain

アップロード画面がでるので、csvファイルをドラッグ&ドロップするか、「SELECT」にてファイルを選択してください。
f:id:gri-blog:20210630033129p:plain
あとは、「Profiling」が「Completed」になるまで待ちます(ここで2分程待ちました)。


(3)アップロードしたデータの確認

「Data」のbank.csvを押すと、データ確認画面となります。
三つの画面が存在し、それぞれ、データの型や欠損値の割合などを列ごとで教えてくれたり、値の分布や値の数を示してくれたり、特徴量ごとの相関関係を示してくれたりします。
f:id:gri-blog:20210630034400p:plain
f:id:gri-blog:20210630034413p:plain
f:id:gri-blog:20210630034426p:plain
他にも便利な機能があるのですが、詳しい説明は、ここでは割愛させて頂きます。
今回のデータには、欠損値や大きな偏り、強い相関関係を持つ特徴量などはなく、大きな問題はなかったので、次に進みます。

次は、いよいよモデル作成です!

*1:詳しい解説はこちら

www.youtube.com