Tableau

【Tableauでレコードが無くてもすべての項目を表示させる】ダミーデータのユニオン

前回記事の続きです。

【Tableauでレコードが無くてもすべての項目を表示させる】リレーションシップ機能Tableauでレコードの無い項目が表示できない ウ~ン 年月で絞った時に項目りんごを表示させたいのに歯抜けになってしま...

年月で絞った時に常に項目りんごを表示させたいよ!!!!!

②ダミーレコードを追加する

前回は全組み合わせをリレーションシップで売上データと「横に」繋げていましたが、こちらは年月×品目の全組み合わせをユニオンして、「縦に」つなげます。

レコードが無くてりんごが消えてしまうならレコードつくって入れたれ!という方法です。

Prepでの作り方例

日付×品目の組み合わせを作るところまでは前回と同じです。今回は商品IDも表示したかったので、追加しています。品目と商品IDは1:1の関係なので、品目のところに商品IDを追加するだけです。

組み合わせができたら、元データにユニオンする

個数がnullになっているのがダミーレコードです↓

シートを作る

できた(売上データ+全組み合わせダミーレコード)データを使うと11月にもりんごが表示されるようになりました。

個数にはnullが入っているので、データないんだな~と分かります。

棒グラフにした。11月でフィルターをかけてもりんごが出てくるようになりました。今回は商品IDを追加できました。

ただnullなのでりんごが0とは表示されないです。0として出したい場合はPrepの時にnullを0に変換するか、Tableauで計算フィールドを作ってください。

この方法の注意点としては、データ行を数える時にダミーレコード分増えてしまっているため、デフォルトの行数カウントフィールドは使えないことです。数える時はダミーレコードを識別して除外しましょう。

また、個数の時は0で埋めてもいいですが、注文番号などのIDをnull埋めしてしまうと、COUNTD(またはCOUNT)するときにダミーレコードが計上されてしまいます。Null埋めしたほうがいい列、しない方がいい列を考えてダミーレコードを作りましょう。

 

多分、他にもほうほうがあるので探してみて下さい。

C.T
8時間睡眠