UNCATEGORIZED

タバコ

きりたんぽLOGO
元旦になると、毎年「禁煙」という誓いを立てていた僕も、
タバコをやめて、10年以上がたった。

きっかけは、なんてことはない。

風邪ひいたとき、のどが痛いのでタバコを控えてみる。
すると、なんとなく3日ぐらい吸わなくてすむ。

そうなると、もう1日ぐらい我慢してみるか、となる。
それでも、吸いたくなるとガムを口に放り込む。

1枚じゃなくて、メジャーリーガーみたいに、
1パック全部。口寂しさを完全にふさぎ込む。

それと、タバコを止める時期は、冬に限る。
世の中的に、喫煙者は虐げられているため、たいていは外(会社なら非常口、家ならベランダとか)で吸うことになる。

吸いたいときに、コートを着ないで外へ出る。なんだったらTシャツ1枚で。
「タバコ≒凍え死ぬ」というのをフィジカルに教え込むのだ。

(僕の場合は)そうして、ひと冬が過ぎる頃には、完全に
「脱ニコチン」に成功した。

まあ、運が良かっただけかもしれない。

じつは、それに至る前にも、1度、タバコを辞めかけたことがあった。
しかし、完全に心が折れてしまった。それがなければ、もう少し早く
タバコを辞められていたかもしれない。

数年ぶりに、共通の友人の結婚式でピチタケ(友人のあだ名)と会った。

安月給、駆け出しコピーライターだった俺に比べ、ピチタケはIT系企業で
バリバリやっており、20代で部長待遇というイケイケである。

同郷同級生でありながら、いろいろと業界のことや、年上の部下の使い方などピチタケの言うことは勉強になり、刺激的であった。

家の近くで、天然記念物のオオサンショウウオが捕れるぐらい、ド田舎出身であるのに、出世したもんだ。

せわしなくタバコに火をつけるボクに、ピチタケは真剣な表情で言った。

「おいおいタバコは、止めた方がいいよ」

ピチタケは、禁煙したことによって人生が好転したという。
朝型になり、朝ご飯をきちんと食べて会社へ行く。それによって仕事もはかどるし、
アイデアも浮かぶ。何よりも、ごはんがうまい。禁煙することによって、味覚が鋭角になるという。体調もよく、快便かつ快勉な人生を謳歌していると。
朝飯も、どんぶりで食べている、と。

しかし、そうして説得するピチタケのベルトの上には5段腹。

さらに、興奮してしゃべったからか背中から湯気が出ている。

「おい、いま体重何キロ?」

ピチタケは、その問いには答えず
「タバコは、辞めた方がいいべ」

と念を押す。

こんなに説得力がない説得ってあるかね。

僕は、くっきりと言った。

「おめみたいになるくらいなら、タバコは辞めない」

ピチタケは、少しさびしそうに答えた。

「あ、んだ…。」

 
 

(著者について)
10%(テンパー)。
実家は、秋田で比内地鶏放し飼いにより差別化を図るきりたんぽ屋。稼業を継がず東京へ出て数十年。現在の職業は広告系ディレクター。週末は、だいたいホッピーを飲みながら、赤羽近辺で面白人間を受信中。

この記事をシェアする